情報まとめサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

【PSP】PSPのダウングレードについて【まとめ】

 現在、旧型PSPの公式ファームウェアの穴を突いてダウングレードできるバージョンは以下の通りである。
3.50, 3.11, 3.03, 2.80, 2.71, 2.60, 2.00, 1.50

 上記バージョンでなくても、3.50以下ならば、上記のようなバージョンに上げた後ダウングレードすればよい。なお、方法などの詳細はEmu on PSP様が詳しいので参考にするとよい。
 アップグレード用のファイルの入手に関してはSCE(ソニー・コンピュータ・エンタテイメント)の警告を受けることになりかねないのでここには書かないことにする。


 CFW(カスタムファームウェア)導入済みのPSPを持っていない場合、1.50から3.52M33-3にバージョンを一度上げる必要がある。CFWにおいては、必ずしも最新のがいいとは限らないので、注意が必要である。
 また、CFW導入済みのPSPを持っている場合、パンドラバッテリーを作ってダウングレードすることができる。これを使えば、1.50へ下げることなくCFWを導入することができる。("UUv3"などでググるとよい。)
 パンドラバッテリーというのはジグキックバッテリーマジックメモリースティックの総称であるということを覚えておけば、解説サイトの説明で迷うことはない。


2008 7/25現在、新型PSPにおいてダウングレードできない基板が流通している。詳細はまだ詳しく出ていないが、初期ファームウェアが4.01だったものはダウングレードできない(ジグキックバッテリーで電源は入るもののマジックメモリースティックに入れたIPLが起動しない)ようである。今後のハックに期待する。
スポンサーサイト
08:55 : PSP-CFWトラックバック(0)  コメント(0)

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。